erex:イーレックス株式会社イーレックス グループ

新規お申し込み
佐伯発電所

イーレックスが取り組む、バイオマス発電

バイオマス発電とは、地球の未来にやさしい再生可能エネルギーです。
イーレックスは、PKSを使用した大規模なバイオマス発電による、再生可能エネルギー開発を積極的に進めています。

【 Palm Kernel Shell 】という、パーム椰子の種からパーム油を搾油した後の椰子殻のことを指します。

PKS
PKS

PKSを燃料として発電するバイオマス発電は、二酸化炭素排出係数を低減できるクリーンなエネルギーとして注目されており、安定した発電方式でもあります。

イーレックスでは現在、自社所有のバイオマス発電所を国内で2カ所稼働させており、その発電規模・発電量は79,500kW。また、政府の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(FIT)に基づき、再生可能エネルギーの育成に努めています。イーレックスでは今後もより一層ご満足いただけるエネルギー供給を実現するために、新たに2つの発電所の建設を決定しており、2020年には計画中のものも含め350,000kW超となる見通しです。再生可能エネルギー事業に関するリーディングポジションの維持・拡大に努めていきます。※2016年現在

バイオマス発電の仕組み

仕組みの図

パーム椰子って、実は身近なもの?

パーム椰子

PKSはパーム油を採る椰子の実の「」の部分。
屋外保存のできる燃料として、今燃料として注目されている資源です。
地球にやさしいってうれしいね!

イーレックスが保有するバイオマス発電所のご紹介

イーレックスニューエナジー株式会社
土佐発電所

所在地 高知県高知市
発電方式 バイオマス発電方式
燃料 PKS(パーム椰子殻)
出力 定格出力29,500kW
イーレックスニューエナジー株式会社 土佐発電所

国内最大級のバイオマス発電所イーレックスニューエナジー佐伯株式会社
佐伯発電所

所在地 大分県佐伯市
発電方式 バイオマス発電方式
燃料 PKS(パーム椰子殻)
出力 定格出力50,000kW
イーレックスニューエナジー佐伯株式会社 佐伯発電所
再生可能エネルギーでトップを目指すよ!

erexグループについて

電力自由化について

2016年、いよいよ電力の完全自由化が開始されました。これによりわたしたちはそれぞれのライフスタイルに合わせ、電気を購入する、電力会社を自由に選べるようになりました。

詳しくはこちら