ディスクロージャー・ポリシー

印刷をする

1.IR活動の目的と基本方針

 当社は、株主総会が株主との建設的な対話の場であることを認識し、株主の視点に立って、招集通知等での正確な情報を十分な検討期間を確保して提供するとともに、株主総会においてビジュアル化を企てるなど分かり易い情報提供を行い、株主が適切な権利行使ができる環境を整えます。
 また、当社は、代表取締役、管理部担当役員等が積極的に株主との対話に臨み、経営戦略・事業戦略・財務情報等について、公平性・正確性・継続性を重視し、次の方針の下、双方向の良好なコミュニケーションを図るIR(インベスター・リレーションズ)活動を展開します。

  1. (1)管理部担当役員を株主の皆様との対話全般を統括する経営陣として指定しています。
  2. (2)当社は、管理部において、情報の収集および管理、開示を統括する責任者およびそれらを実施する担当者を配置し、関連部署と連携しながら、適時かつ公正・適正に情報開示を行っています。
  3. (3)当社は、第2四半期決算および本決算の公表時には決算説明会を開催するとともに、個人投資家説明会の実施、「株主通信」の発行などにより、投資機会の促進と情報開示の充実に努めています。
  4. (4)経営に株主意見を反映するため、客観的に重要なフィードバック事項が発生した場合は、取締役会へ報告し株主の皆様からの要望や意見、問題意識を共有しています。
  5. (5)当社では決算情報の漏えいを防ぎ、情報開示の適時性・同時性・公平性を確保するために、後述2(5)のとおり、沈黙期間を設定し、この期間中の決算にかかわるお問い合わせへの回答やコメントを控えさせていただいています。また、インサイダー情報管理規程を制定し、情報の統括管理を実施し、インサイダー情報の管理に努めております。

2.情報開示の方針と基準

(1)ディスクロージャーの基準

 当社は、会社法、金融商品取引法その他の関係諸法令 及び 東京証券取引所の定める適時開示に関する取引所規則(以下「適時開示規則」)に沿って適時に情報開示を行います。適時開示規則では、重要な会社情報の決定又は発生があった場合、東京証券取引所から照会があった場合、既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合に適時開示を求められております。
 当社では、会社説明会での発表内容等、適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示いたします。

(2)情報開示の方法

 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開します。TDnetにて公開した情報は、当社ホームページに速やかに掲載します。なお、ツールやシステムの準備の都合上、これら情報の当社ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れる場合もあります。
 また、会社法、金融商品取引法その他の関係諸法令及び適時開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により、できるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行うことを基本方針とします。

(3)将来の見通しに関して

 当社では、適時開示規則に基づいて開示される決算情報に加えて、投資家や証券アナリストの皆様が自ら当社の業績に関する予想を立てられるよう、見通しに関するガイダンスを提供する場合があります。
 また、ご挨拶、講演、質疑応答、当社の発行する書面、ホームページ記載内容等には、現在の計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。
 いずれの場合におきましても、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断にもとづいております。
 したがいまして、当社の業績、企業価値等を検討されるに当たりましては、これら見通しのみに全面的に依拠されることは控えて頂けるようお願い致します。実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おき下さい。
 実際の業績に影響を与える重要な要素としては、(1)当社の事業環境及び固有の法的規制に係わるリスク、(2)経営成績及び財政状態に影響を及ぼすリスク、(3)当社グループの事業運営体制に係わるリスクがあります。ただし、業績に影響を与えうる要素はこれらに限定されるものではありません。なお、事業等のリスクにつきましては、別途、掲載している有価証券報告書に記載の4【事業等のリスク】をご参照下さい。

(4)当社ホームページの位置付け

 当社ホームページは、インターネット上で当社の情報を検索されたい方々を対象に、その利用に供する為に開かれています。公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報を当社ホームページに掲載しておりますが、情報通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもあるため、当社ホームページにおける情報開示は、あくまで便宜的・補助的なものとして位置付けております。
 また、当社ホームページには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合があります。さらに、他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合もあります。当社ホームページを利用されるにあたりましては、これらを十分にご理解頂いた上でのご利用をお願い致します。

(5)沈黙期間について

 当社におきましては、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算期日の翌日から決算発表までを「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。ただし、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、プレスリリースにより情報開示を行うこととしております。